ウォーターサーバー 水道直結のデメリットって?

 

 

「水道直結ってどんな仕組みなの?」
「良い事ばかりじゃないでしょ?」

 

水道水を使用するちょっと特殊な『水道直結型』。

 

すでにアメリカや韓国ではシェア率が80%以上で新常識となりつつあるウォーターサーバーなんですが…

 

便利な反面、もちろんそれゆえのデメリットもいくつかあります。

 

ここでは、実際に水道直結ウォーターサーバーを利用した筆者が実際に感じたデメリットを5つまとめました。

 

サーバー初期設置時の工事

 

 

水栓から分岐したパーツをサーバーに直接つなぐので、初回はその工事を行う必要があります。

 

「工事って1日とか大がかりな感じ?」
「きちんと元に戻してもらえるんだよね?」
「賃貸じゃ設置なんて無理でしょ…」

 

工事ってどのくらいの規模なのか、いざ解約するときに元に戻してもらえるのか、不安に感じると思います。

 

結論から書きますと、工事は60分〜90分ほどと短く、工事する場所は水栓の蛇口を専用の蛇口に切り替えるだけ。

 

きちんと原状復帰できるので、一軒家も賃貸(マンション・アパート)も問題なく導入できます

 

 

こちらは、『ウォータースタンド』っていうサービスで公開されている工事の動画です。

 

見てもらった通り、工事はそんなに手間も時間もかかりません。

 

ちなみに、サーバーは水栓からかなり離れても(10m近く)設置可能なので、置き場所で困るケースというのはあまりないはずです。

 

「じゃあ、どこが面倒くさいの?」

 

と言われれば、メーカーのスタッフさん、設置業者さんとの電話などのやり取り/予定を合わせる事です。

 

ウォーターサーバーの申し込み後、オペレーターの方と工事の日時を決めます。

 

そして、当然ながら、スタッフさんはウォーターサーバーを自動車で運んできます。

 

自宅に広い敷地、駐車スペースがあるのなら良いんですが、そうじゃない場合はコインパーキングなど家から距離が出ます。

 

サーバーの運搬、持ち運びにすこし時間がかかるので工事の時間に影響が出てきます。

 

こちらは別に何もやりませんが、ふつうのウォーターサーバーより時間は多少取られます。

使用量が少ないと定額制がかえって高く感じるかも…

 

 

水道直結型は買取のシステムはほぼなく、定額制のレンタルサービスです。

 

使い放題と言えばお得な感じはありますが、月額費用以上のお水を消費しないご家庭ですと逆に損する可能性があります。

 

メーカーの月額料金をいくつか比較してみると…

 

ウォータースタンド 月額:3980円〜
楽水ウォーターサーバー 月額:2980円〜
ピュレスト(ダイオーズ) 月額:2980円〜
OCEAN(オーシャン) 月額:3980円〜
クールクー 月額:4200円〜
キララウォーター 月額:3980円〜

※冷・温が利用可能な機種の最低料金で比較

 

最安値では2980円〜となっています。

 

従来のボトル配達型のウォーターサーバーでは1本12Lで平均1500円ほどなので、2本(24L)以上の消費が無いとあまりお得ではありません。

 

単純に、お水を使用する量が少ない一人暮らしの方ではあまりお得じゃありません。

 

ただ、水道直結ウォーターサーバーは手間がかからないので、料金よりも手間をかけたくない方には便利なシステムです。

 

・メンテナンスは業者にお任せ(もしくはワンタッチで完了)
・従来のウォーターサーバーのようなボトル管理が不要
・お水は常に給水されて24時間いつでも飲める状態

 

また、子どものいるご家庭でお水の消費が多ければ多いほどお得になるので、大人数なほどお得です。

 

1日に何十リットルも消費するようでしたら確実にお得です。

ボトル不要…つまり保存水(備蓄水)にはならない

 

 

水道直結という仕組み上ボトルを利用しないので、逆に言えばウォーターサーバーのメリットの一つが無くなることに。

 

災害時、3日間で9Lの水分確保が目安と言われている中、水道直結はその備蓄水としての機能は弱いです。

 

ボトルの交換・注文などの手間が省けてお部屋がスッキリするのは大きなメリットなので、ここはかなり悩みどころ…

 

仮に、水道直結ウォーターサーバーを利用する場合は、別で災害の保存水を保管しておいた方が良いです。

井戸水をろ過する為には条件が…

 

 

名前の通り、水道直結型とは水道水を使うことを前提としています。

 

井戸水の場合、水道水と同じ水道法(51項目)をクリアしていれば利用は可能です。

 

ただ、井戸水は時期などで水質が急激に変わることもあるのであまりオススメできません。

ミネラルたっぷりのお水じゃないので無味無臭

 

 

数多くのウォーターサーバーでは、ミネラルが豊富なタイプなどをウリにしていますよね。

 

・シリカ(ケイ素)を背後う
・バナジウムを配合
・水素水

 

ミネラルのバランスや、量に比例して味も違ってきます。

 

水道直結型は、水道水をろ過して飲むのでミネラルウォーターと比べるとその量は少ないので、ミネラルウォーターよりも味が劣っていると感じやすいです。

 

ただ、味がまずいのではなく無味無臭なので、美味しいとはあまり感じられない場合があります。

 

その為、美味しさを重視するというよりも安全性の高いお水が飲める、と考えて利用した方が良いですよ。

それでも水道直結をおすすめできる理由|どんな人向け?

 

 

水道直結の5つのデメリットをご紹介しました。

 

デメリットを解消した結果、新しいデメリットが出てきているのもたしかです。

 

できれば

 

・使用中のウォーターサーバーの料金に不満
・まったく手間をかけず快適に使いたい

 

といった料金面と利便性を重視したい方に向いています。